プラス プラス プラス プラス

Service太陽光パネルメンテナンスsolar panel

ドローンによる
太陽光パネル点検の流れ

  • 太陽光パネルのオーナーや管理者その他団体から、太陽光パネルの資料と位置を確認
  • 気象状況を踏まえた、周辺情報の現地調査(ロケハン)
  • ドローン機体の確認、検査の実施
  • 得たデータから報告書を作成、提出
太陽光パネル点検

ドローンは何をするのか

具具体的な仕事内容としては、赤外線カメラが取り付けてあるドローンで太陽光パネルを撮影します。肉眼ではみることの難しい異常箇所ホットスポットと、逆に低温部の機能が停止している部分がないかを点検するという流れです。
パイロットがドローンを手動操縦をして、ドローンに取り付けてある赤外線カメラの映像がコンピューターに送られます。また、その映像を異常がないかチェックするサポートする確認要員が必要なため、作業員は最低二人以上です。
パイロットは手練れのドローン操作が求められるため、企業によってはドローンの自律飛行(自動飛行)という場合もあります。その場合だとコストをかけることなく、ソーラーパネルの点検が可能です。
カメラが得た情報が分析され、モジュールの検査報告書を送ります
そして、オーナーや管理者などの判断材料として報告書が活用されるわけです。

太陽光パネル点検
太陽光パネル点検

ドローン利用のメリット

ドローン操作でメンテンナンスを行うメリットは、コストがかからないことです。
そして、広範囲に渡る太陽光パネルを、ドローンであれば短時間で点検できるというスピーディーさと正確さにあります。
パネルを一枚一枚点検していた従来のメンテナンスと比べると、通常4~5日程度かかっていた報告書の提出も、最短わずか一日で可能となります。