プラス プラス プラス プラス

Faqよくある質問drone

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールについてのご質問

Q.航空法上の「無人航空機」とはどのようなものを指すのでしょうか?また従来の「ラジコン」も「無人航空機」に含まれますか?
A.「無人航空機」とは、.構造上で人が乗ることができない機器であり、遠隔操作又は自動操縦により飛行させるものを指します。しかし、機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が200g未満のものについては、「無人航空機」には該当しません。 そのため、従来の「ラジコン」も重量200g以上のものは「無人航空機」に含まれます。
Q.無人航空機の飛行ルールの対象となる機体を教えてください。
A.無人航空機の定義は下記になります。
  • 飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船のどれかに当てはまるもの
  • 人が乗ることができないもの
  • 遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの
ドローン(マルチコプターとも呼ばれます)、ラジコン機、農薬散布用のヘリコプター等が無人航空機のルールの対象機体に該当します。
※ただし、機体本体とバッテリーの重量が合計で200グラム未満のものは、無人航空機ではなく、「模型航空機」に分類されます。
模型航空機の場合、無人航空機の飛行に関するルールは適用されません。しかし、空港周辺や一定の高度以上の飛行については危険が伴うため、国土交通省大臣の許可等を必要とする規定(第99条の2)のみが適用されるため確認が必要です。
Q.無人航空機を飛行させる場合、場所に関わらず、次のルールを守る必要があります。
A.A~Cの空域のように航空機の航行の安全に影響を及ぼす可能性のある空域や、機体が落下した場合に地上にいる人に危害を及ぼす可能性が高い空域では、無人航空機を飛行させる前に地方航空局長の許可を受ける必要があります。 無人飛行機の飛行許可が必要となる空域イメージ図
Q.無人航空機の飛行ルールを教えてください。
A.無人航空機を飛行させる場合、場所に関わらず、次のルールを守る必要があります。
  • 日中の目視できる時間帯で飛行させる(日の出から日没まで)
  • 肉眼で見える範囲内で、無人航空機と飛行している周りを常に監視して飛行させる
  • 人(第三者)や物件(第三者の建物、自動車など)との間を、30m以上の距離を保ち飛行させる
  • 縁日やイベントなど多数の人が集まる催しの上空を飛行させない
  • 爆発物や危険な薬品など危険物を輸送しない
  • 無人航空機から大小関わらず物を投下しない
上記のルールは守るようにしましょう。そして、ルールに関わらず、無人航空機を飛行させたい場合は、事前に地方航空局長の承認を受ける必要があります。 事前に地方航空局長の承認を受ける必要があるものイメージ図
Q.申請・飛行に関する注意事項を教えてください。
A.
  • ドローンを飛行する際には、航空法だけでなく、その他関係法令を守って飛行しましょう。
    例:民法、道路交通法、電波法、プライバシー法など
  • 自治体が管理する公園や重要文化財を含む神社仏閣等の管理者が、管理する敷地上空での無人航空機の飛行を禁止する看板の掲示、または定めている場合があります。
    その土地の上空での無人航空機の飛行を禁止する旨の表示等を土地の管理者が行っている場合には、無人航空機を飛行させないようにしましょう。
    (第三者の所有する土地の上空で無人航空機を飛行させる場合、所有権の侵害とされる可能性があります)
  • 無人航空機を利用して映像を撮影し、インターネット上で公開する場合は、「『ドローン』による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」※①に従って、第三者のプライバシー等に注意しましょう。
  • 飛行開始予定日の10開庁日前までに国土交通省へ許可申請書の提出(不備等が無い状態)が必要です。
    東京航空局又は大阪航空局に飛行申請書(案)をメールで送信する場合は、十分に余裕をもって送付するようにしましょう。

認定資格についてのご質問

Q.認定資格とはどのようなものですか?
A.一般的な回転翼航空機の操縦技術の認定資格「ドローン操縦士 回転翼3級」と、座学・実地を講習する際に必要な基礎知識を認定する「ドローン操縦士 回転翼3級 インストラクター」の2種類の資格がございます。制度詳細については、ドローンの資格・法律のページをご参照下さいませ。
Q.DPA認定資格を取得するメリットは何ですか?
A.現在日本では、無人航空機を飛行させるための免許制度がなく、ドローンを飛行をするのに資格取得が必須という訳ではありません。ただし、みんなが安全に過ごせるよう飛行可能な機体や飛行空域等を定めた飛行ルールが2015年の改正航空法施行後に制定され、国土交通省へ許可・申請手続が必要となりました。
一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)は、ドローン操縦士を目指す方々が、単にドローン操縦の技術や知識を学ぶだけではなく、実地実習を通すことで天候の変化や機体の状態など、その時々のシチュエーションに応じた判断力を養える環境こそが重要と考えています。DPAで資格取得を通じて、めまぐるしく変わるドローン業界において、実際の現場に即した技能や知識を習得できることをメリットとしています。
Q.DPA認定資格の申請条件はありますか?
A.DPA認定資格は、DPA認定校で所定の講習を受講・修了された方が対象となります。申請条件は、資格の種類により異なります。

ドローン操縦士回転翼3級 申請条件

  • 15歳以上であること
  • 視力が両眼で0.7以上且つ片目0.3以上であること(矯正可)
  • 赤色、青色及び黄色の識別ができること
  • 10時間以上の飛行経験を有すること
  • 実用知識(学科)・技能(実技)試験に合格していること
  • オンライン講座「安全運航管理基礎講座」を受講・修了していること

ドローン操縦士回転翼3級インストラクター 申請条件

  • 18歳以上であること
  • 視力が両眼で0.7以上且つ片目0.3以上であること(矯正可)
  • 赤色、青色及び黄色の識別ができること
  • ドローン操縦士回転翼3級を有すること
  • 50時間以上の飛行経験を有すること
  • ドローン操縦士回転翼3級の実用知識(学科)、技能(実技)を講習する際に必要な基礎知識を有すること
  • ドローン操縦士回転翼3級の技能(実技)を講習するための技能を有すること
Q.認定ライセンスはどのようなものでしょうか?
A.DPA認定校で定められている講習の受講が修了し、なおかつオンライン講座の受講を修了された方に、認定ライセンスカードと認定証を発行しております。認定ライセンス申請には、オンライン講座修了後に、「DPA協会のマイページ」より、引き続き以下の書類をアップロードして頂く必要があります。 認定ライセンスカードと認定証
Q.認定資格の有効期限はありますか?
A.認定資格の有効期限としましては、オンライン講座の確認テスト修了日から2年間となっております。登録日でなくテスト終了日となりますので、注意が必要です。認定資格の継続を希望される場合は、更新手続きが必要となります。
Q.申請費用について教えて下さい。
A.申請費用は、認定料として納付頂きます。納付方法は、銀行振込となります。
認定資格 費用
ドローン操縦士回転翼3級 初回 ¥12,000
更新時/2年毎 ¥6,000
ドローン操縦士回転翼3級
インストラクター
初回 ¥12,000
更新時/2年毎 ¥6,000

<振込先>
三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 普通1345962
社団法人ドローン操縦士協会
シャダンホウジン)ドローンソウジュウシキョウカイ

Q.認定ライセンスカード、認定証を紛失しました。
A.認定ライセンスカードと認定証ともに再発行が可能です。しかし、それぞれ再発行料には、手数料(6,000円)を頂きますのでご了承ください。再発行申請書をお送りいたしますので、info@d-pa.or.jpまでご連絡下さい。
その他認定資格に関する質問はこちら

スカイボランティアについてのご質問

Q.スカイボランティアへの参加条件について、何がありますか?
A.下記条件となります。
  • 年齢20歳以上。
  • DPAの回転翼3級資格保有者。
  • 過去一年間の累計飛行時間が50時間を超えている方。
  • 1kg以上のドローンを所有している方。
  • 企業名、個人名を出してもいい方。
Q.登録からボランティアまでの流れは?
A.コースお申込み→受講→合同演習→認定登録→ボランティア活動