プラス プラス プラス プラス

Ai未来のドローン技術-AI-drone

様々なロボットやドローンが世界中で今、注目を集めています

ここ数年までは、ロボットといえば皆さんが想像するのは産業ロボットやペットの形をしたロボットが主でした。
またドローンといえば、ほとんどの人が軍事用(監視・攻撃)などのハイテク技術を想定していたと思います。
今では、ロボットたちが人々の仕事や生活の中に入りだし、ドローンは世界中で、ボビー用途だけではなく、民間の調査・監視・点検・配達の有能な手段として期待されています。 ドローンは世界中で、ホビー用途だけでなく、民間の調査・監視・点検・配達の有能な手段として期待されています。
今から約40年前、1977年にStarWars第一作が公開された当時、画面に出てくるロボットたちやドローンは、サイエンス・フィクション(空想科学小説)の世界でしたが、それが今、現実になりつつあります。
株式会社ドローンネットは、ロボットやドローンが、如何に人を助けることができるか、という企業スローガン「We Robots Help Human」(私たちロボットは人を助けます)に基づき、ロボットやドローンの特性である次の要素を盛り込んだ、様々なソリューションやサービスを展開いたします。

  • 「私たちロボットは、疲れを知らず、均一な仕上がりの作業が得意です。」
  • 「私たちロボットは、人にとって危険な作業を、黙々と行います。」
  • 「私たちロボットは、早く、廉価に、正確に作業できます。」

本全国の年間行方不明者届出数:8.1万人

平和に見える私たちの生活ですが、なんと日本全国で年間8.1万人が行方不明になります。(※) 行方不明になる理由は、認知症患者の徘徊、若年層や女性の誘拐、仕事・人間関係の悩み、登山・水難事故、自然災害など様々です。
その殆どが発見または保護されますが、年間約2千人が行方不明のままです。(※) 
家族の一員が行方不明になると、残された家族の心配は一通りではありません。 
また、行方不明者の捜索には、多大な労力と費用が掛かる場合があります。
IoT=Internet of Things (物のインターネット)
の数値はいずれも2016年 警察庁発表。届出のない行方不明者数を加えると、年間10万人以上が行方不明になると思われます。

人口の高齢化と徘徊老人問題

日本を始め、世界の先進国で人口の高齢化が進むにつれ、徘徊老人の問題がクローズアップされています。
  WHO(世界保険機構)は全世界の認知症患者数は約4,400万人と発表しています。 
その多くはアルツハイマー症患者です。 
WHOはまた、世界の認知症患者数は2050年までに約3倍の1.3億人に達すると予測しています。
日本では、年間約1.3万人の認知症患者が徘徊・行方不明となり、  その殆どは発見・保護されますが、年間400人の死亡が確認され、約200人が行方不明のままです。
※ また、日本の認知症予備軍(軽度認知障害)は400万人に上ると推定され、認知症とその予備軍の高齢者は合計860万人、高齢者の4人に1人に上ると言われます。 ※2014年 警察庁発表

ドローン・ザ・ワールド公式キャラクター「ドローンマン」

ドローンマンとはAI技術「自然言語処理技術」を備えており、あらゆるドローンに関する事。 その他にも航空・無人航空機(ドローン・ラジコンなど)の航空法に関連する質問にわかりやすく答えてくれる。 ドローン・ザ・ワールドの公式キャラクター。