プラス プラス プラス プラス

Service家屋調査サービスhouse investigation

「ドローンを使用し外壁点検」と聞いてもはじめはピンとこない方の方が多いのではないでしょうか?
外壁だけでなく、建物全体の点検は、建物の耐久性や資産価値を維持するために重要なものです。
足場を組む必要もある建物調査は大掛かりになりがちで様々なハードルがありましたが、ドローン調査はそれらの問題を解消することのできる新しい方法になります。

外壁点検

最先端の住宅調査が持つ「メリット」

ドローンを使った建物の外壁点検システムを実用化しました。
小回りの利くドローンを使用することで、これまで建物調査を行う際に付随していた様々な問題が解消されることが期待されております。

赤外線で細かい損傷や雨漏りも見逃しません!

ドローンには高解像度のカメラが搭載されているため、建物の劣化やミリ単位の細かなひび割れ(クラック)も見逃しません。
さらにサーモグラフィカメラを使えば、温度変化の映像から雨漏りや塗装の浮きなどを判別することが可能です。
雨漏りは侵入経路を見つけることが難しく厄介な住宅トラブルでしたが、ドローンならコストも抑え見つけることができます!

外壁点検

建物の保険認定率のアップ!

万が一、災害に巻き込まれた際に、建物の損害が自然災害によるものだと認められれば、 火災保険で保険金が支払われる可能性があります。実はここでもドローンが活躍します。
火災保険の申請には、被害箇所の写真や調査書を提出する必要があります。ドローンによる精度が高い調査は分かりやすいだけでなく、危険な場所に近づくことなく写真を取ることができるため、被災状況を伝えるのに大きく役に立ちます。
調査結果は支払われる保険金額を左右する重要な資料となるため、調査書の精度は非常に重要です。
ドローンを使用した損害調査はすでに三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動などの大手保険会社が導入しています。

外壁点検

足場を削減することでコストも大幅減!

基本的にマンションの外壁点検をする際は足場やゴンドラを組まなければいけません。足場代は意外と高額であり、建物の構造にもよりますが数十万円かかることも珍しくありません。
しかし、ドローン調査ではその必要がありません。ドローンで費用が削減できるのであれば、とてもお得だと思いませんか?
また、マンションやビルの赤外線調査は立地の関係で、隣のビルからの撮影になるケースもありましたが、ドローンを使えば問題はありません。

外壁点検