プラス プラス プラス プラス

ドローンで世界を変える!本日初公開のCG動画を発表
ドローンと人間が共存する未来社会を描く「ドローン ザ ワールド」序章始動!
~人命救助のソリューションが詰まった「ドローンドクター」も登場〜

ドローンドクター、ソーラーパネル交換ドローン、ドローンタクシー、ドローン管制室、宅配ドローン等、当社研究中の様々な次世代ドローンシステムの“近未来”をテーマにしたCG動画を、本日リニューアルオープンの「ドローン ザ ワールド公式サイト」で初公開します。

 

 

ドローンが活躍する近未来動画は、下記、公式サイトよりご覧ください。

 

ドローンネット社では、2030年以降、技術革新により全世界で数億機のドローンが毎日飛び交う社会が到来するであろうと予測しています。その時代では、ドローンは全て完全自律型オートロボットとなり、各地域でひたむきに働き続けることを想定しています。

その中のひとつ「ドローンドクター」には、ドローンネット社が独自開発し、今年度次々と発売を開始している様々な人命救助のソリューションを詰め込んでいます。
①地図情報付きのLIVE配信システム「ドローンスコープ」、②世界最軽量の赤外線カメラ搭載ドローン「デュアルサーチ200」、③暗闇を昼間のように照らす「スカイサーチライト」、④ライフジャケット投下装置「スカイライフジャケット」などを搭載しており、それらを連携させて遠隔で人命救助を行うことも可能です。

例えば、
① 「ドローンスコープ」により遠隔から専門医の指示通りに現場で救急処置を行う
② 「デュアルサーチ200」により山岳遭難者をいち早く発見
③ 「スカイサーチライト」により夜間の緊急災害時にも休まず救助活動を行う
④ 「スカイライフジャケット」により水難事故の人命救助を行うことができる
 
人が入ることができない危険な場所や狭い場所、高い場所であっても、ドローンであれば侵入も飛行も可能であるため、人間の目となり耳となり、更には足となり腕となり、24時間世界中どこででも働き続けることができます。

これは遠い未来の想像の夢物語ではありません。
我々ドローンネット社が掲げる“ドローンと人間が共存する未来社会を創ろう”というミッションを具現化した、このCG動画のような景色を見る日は、もうすぐそこまで来ています。