プラス プラス プラス プラス

Mountain山岳遭難distress

2016年総務省統計局社会生活基本調査「山の日」にちなんで発表されたデータによると、日本は登山大国で、1年に1度以上登山する人口は、約972万人。
登山人口は年々増加傾向で、今年中には1,000万人に突破する勢いです。
その内、60歳以上の高齢登山者は40%を占めており、約390万人に達します。2014年山岳遭難者(死者・行方不明者)は2,794人その内60歳以上は1,615人、58%を占めるという統計が出ています。

内訳件数・人数
遭難件数2,293件
1)無事救助1,442人
2)負傷者1,041人
3)行方不明39人
4)死者272人
遭難者数(計)2,794人
死者・行方不明率11.1%
60歳以上人数
遭難者数1,401人(50.1%)
死者・行方不明1,442人(68.8%)
死者・行方不明率15.2%

TDRS(トリプルレスキューシステム)の仕組み(特許取得)

STEP.1 各ドローンが担当範囲を捜索

山全体を3つの座標エリアに区分し、それぞれの 座標エリアにドローン(大型機/SKYRESCUE-T3000)を一機ずつ飛行させます。3機のドローンが、それぞれの座標エリアを隅々まで探索飛行し、遭難者の大まかな位置を特定します。

STEP.2 位置情報の受信

3機のドローンのうち1機が、遭難者が発信する電気信号(SKYBEACON)を受信(受信に成功した最初のドローンをヒットドローンと呼びます)。すると、即座に残りの2機が探索エリアを離れ、自動的にヒットドローンへと向かいます。

STEP.3 三点計測で避難位置を特定

残りの2機がヒットドローン近辺に到着すると、ホバリング(低空飛翔)中のヒットドローンの周りを、残りの2機が搭載した人工知能の判断により最適な三点計測の状態になるまで自動的に周回し、遭難者位置を絞り込んでいきます。

STEP.4 避難者を発見!救助隊の出動へ!

位置計測端末が解析信号の受信状態の分断を検知して、通ルートを制御するため、解析信号を途切れることなく取得でき、より早く安全に、救助隊に遭難者の位置情報を通知できます。またSKYRESCUEは赤外線サーモグラフィカメラを搭載しているので遭難者の生死を推測可能です。

山岳遭難
山岳遭難
山岳遭難
山岳遭難