プラス プラス プラス プラス

Skyvolunteerスカイボランティア活動activity

山岳遭難

2016年総務省統計局社会生活基本調査「山の日」にちなんで発表されたデータによると、日本は登山大国で、1年に1度以上登山する人口は、約972万人。
登山人口は年々増加傾向で、今年中には1,000万人に突破する勢いです。
その内、60歳以上の高齢登山者は40%を占めており、約390万人に達します。2014年山岳遭難者(死者・行方不明者)は2,794人その内60歳以上は1,615人、58%を占めるという統計が出ています。

水難者救助

救助の初動調査に可視カメラと赤外線カメラを搭載したドローンを飛ばして事故現場の特定を行います。
事故発生場所が湖岸から目視できない場合でも、ドローンに搭載された可視カメラの映像を利用することで初動捜査において事故現場を特定する時間を大幅に短縮できます。
さらに、ドローンに搭載した赤外線サーモグラフィカメラが潜水救助活動を実施している水難救助隊員の赤外線映像を捜査本部に送信することも可能です。

火災現場

赤外線カメラを搭載したドローンを災害現場に飛ばし、レスキュー隊はヘルメットなどの上から『SKISCOUTER IR』を装着します。

野生動物被害防止

スカイロボットが開発したMOONBEAR(ムーンベア=月の輪熊)野生動物追跡システムを使用します。